Home

たりのプロフィール We are Kyoko & Hiromi Suzuki

鈴木広美
(画伯)

鈴木恭子
Kyoちゃん)

1952年静岡県浜松市に生まれる

 浜松元城小学校では校歌「まちの最中の大空に、、、」の歌詞の"最中"の意味を菓子の"モナカ"と、けっこう高学年(6年生?)まで誤解していた。ちなみにモナカはそんなに好きじゃないです。

 浜松中部中学校では、剣道に夢中。朝から晩まで試合で使う剣道のワザを考えてばかりいた。そのせいもあり市内大会では個人戦2連覇(←自慢)しかし県レベルではさっぱり(←実力)剣道初段に合格。

 浜松南高校に進学。市の高校ランキング上から3番目。既に受験競争から立ち後れる。「覇気がない校風」。剣道2段、居合道初段を取得。

 あまりに勉強ができず明確な将来の希望もない。
子どもの頃から絵をかくのが好き、漫画家になろう!と同人誌に投稿までしていたのを思い出し、ここは一発逆転!というかそれ以外に道はないと考え、進学指導の担任に「ぼくはゲイダイに行きます!」
 それまで目の前に開いてあった内申書をぱたりと教師が閉じたっけ。
美術大学を目指すことに。

 東京での大学浪人。一人暮らしはほんとに楽ちん、それまでの持病の胃痛もまったく起きずで、人間好きなように生きるのが健康に一番良いのだと大発見。

 その大発見あってか一年後東京芸術大学絵画科油絵専攻に合格!!これを一発逆転というんでしょうか?
 市中では時の有名人。わざわざ絵を見て下さいと尋ねて来る人もある。一年前まで在籍していた高校では初の快挙ゆえにかつての教師たちの驚きも一様ではない。担任、
「どこか違うとは前から思っていたよ」

 在学中は山岳部で山に登ってばかり、山行で親友を失くす。その翌年父親が死ぬ。この二つの「死」にダメージを受けたか、体調不良が続く。
 こんな時の心のすきまには容易に入り込むモノがある。いつの間にか結婚する羽目に(いやもちろん今は大変幸せですよ)。

 芸大出と言ったって絵描きになる将来が約束されたわけではない。今思うと、受験競争という自己のプライドとの過酷な葛藤時代を美術家志望で身をかわしただけかとも、、、。だがそんな風に人生が進んで行くというのも不思議なものだ(で良いんだろうか?)。

 絵がかけなく困っていた時に、ある妙なものを見てから、絵のモチーフを変えた。現代美術にはしだいに興味を失い、仲間との交流もほとんどしなくなった。自分の興味のみに引きこもり始めると、主題がどんなに単純でも素朴でも本当に好きなことを追求するしかなくなって来る。

 乗りかかった船。こいつにのっかって死ぬまでどこまでも行くつもりだ。その気にさえなれれば人生は楽しいものさ。

 油絵の他に銅版画、木版画も制作

見てね>>絵のへや

1953年熊本県八代市生まれ

 監獄のように(だって本人がそう言うから)退屈な4年間の保育園暮らしを経て八代小学校、さらに八代第一中学校に進む。

 小、中学校在学中は、児童生徒からの人望厚く、児童会生徒会ともに大活躍! どちらも会長選挙に出馬。いづれも得票総数では上回ったものの、男子優先の地元気質の壁は厚く、副会長に甘んじる(涙)。
ゆえにそれ以来「男なんかに負けるもんかね!!」が座右の銘に。

 中学卒業後、九州では知る人ぞ知る、多数の有名人を輩出しているところの全国的にも有名な熊本県立済々黌(せいせいこう)高等学校に入学。中学時代と同様バスケットボール部で頑張るが、筋力、持久力、意志力と、部のコーチ(それに体重)との反りがあわず大した活躍はできなかった(また涙)。
 高校3年生の時に大学進学のため油絵を習うが、何故か彫刻科を目指す。

 東京芸術大学彫刻科で石彫を学んでから、石彫の魅力にとりつかれる。
どんなに制作のための労働が辛くても彫っていれば不思議にシアワセ。
御影石を休みなく彫るノミとハンマーと石が作り出すリズミカルな音。

 大学在学中から公募展(二科)に出品。毎年石彫を出品。会員資格を目前にしてある時脱会。会費の値上がりもきっかけだったが、組織団体にありがちな年功序列と、ここでもやっぱり「男優先」では、自分の出世速度に期待はできないと思えたからだ。
 「(それでなくとも)
"夏のコーシエンの頃にしか制作しない”ような作家集団とは合わないわよ」

 他に彫刻シンポジウム、野外展などに参加。しかし個展というのはしていない(これがトラウマ)。

 ある著名な彫刻家の作品依頼を契機に、素材としての大理石に出会い、それまでの御影石を中心にした作品から、現在は主に大理石を使って彫刻している。

 都会から離れた郊外の山里にアトリエを構え、街に出ず孤独に制作する毎日。情報優先時代の趨勢から乗り遅れるのではないかと、気掛かりになることがよくある。
「わたしこのままでは埋もれてしまうわ、、、」

 しかし子どもたちに絵を教えるようになって20年以上になる。
そこで幼い人たちの純粋な好奇心や感謝の心に出会うことができた。子どもたちと付き合っていると、生きて行くうえで大事なことと、どうでも良いことがはっきり見える気がする。彼らとは本当に息が合う。

 そして未だに彫刻は、自分の天職か啓示のように思う。
要するに鉄ノミとハンマーでの地道な作業、これしかやることはないのだ。
 孤独ではあっても、時に限りない純粋な喜びに満ちた境地に入れる。

ご参考>>山のアトリエ

鈴木広美&恭子

住所: 埼玉県飯能市坂石105-1
TEL:042-978-0288
メール:k_ghk@nexyzbb.ne.jp