Home    

 我が家のモミジの木、枝が伸び放題。みっともないので剪定をしなければと常に思いつつ放ったらかし、いつの間にか二階の屋根の高さまで枝が張り出してしまっていました。
 葉がいっぱい茂って木全体がもそもそになって来た頃、キジバトが巣をかけたのです。

 ある日二階の窓を開けて何気なく見たら、キジバトのつがいが枝の葉の混み合っている中に仲良く座っている。思えばこの付近でよく鳩の姿を見かけたし、足元を見れば巣の下あたりの地面には同じくらいのサイズの小枝がたくさん落ちていました。
 位置は窓からすぐそこの場所。「しまった。こいつはまずい!」と思いました。なぜって、毎朝窓はやっぱり開けます。何せ猛暑ですから。でもせっかくの大事な子育てを邪魔することも心が痛む、だってわたくし自然擁護派ですから。


 そこで早めに諦めてもらうか、それとも共生するかを相手に選んでもらおうと、人間の方は普段どおりに過ごすことに決めました。 ところが意外に鳩はこちらを気にする素振りを見せず(それとも人間の方の生活ペースこそ向こうはすでに織り込み済みということか?)その後も順調な巣作りを継続。そしてわたくしある日とうとう小さなヒナを親鳥のお腹の下に発見しました。それからは毎日観察です。知っているようで知らない鳩の生態。急に興味が湧いてまいりましたです。

 さらに欲張って彼らの巣立ちまでをここでご紹介できたら良いのですが。
(結果もわからないのにもうテーマにしちゃって大丈夫?--------だから横に「?」つけといたでしょ)


何とか写真撮影できないか、と、、、→No.0「事件現場&撮影スタッフ紹介」

No.1「写真撮影に成功?」8/6

No.2「親鳥のご登場!」8/7

No.3「巣からヒナが落ちたー!」8/8

No.4「子育ては美しい!」8/12

No.5「ちょっと心配なことが、、、」8/16

No.6「あれ〜巣の中がからっぽだー?」8/18

No.7「夜になると」8/19

No.8(最終章)「ピジョンの巣立ち」9/3