36》ドラム缶のナパーム弾

もうすぐ終戦だと分っていたなら、あんなに酷いアシン渓谷なんかに逃げ込むこともなかっただろうにと思ってしまいます。記録を読む限りでは、記録の書き手も周辺の兵隊たちも、アメリカ軍に投降することなど考えもしなかったようです。もしあとひと月でも終戦の日が早ければ、多くの人が病気や飢えで死ななくてすんだのです。どの部隊もサリナスを出てから多くの死者を出しているのですが、その死因のほとんどが「戦病」となっています。マラリアや飢えで亡くなっていったのです。

方面軍司令部のあるアシン渓谷の奥地に入って行くと、辺りにものすごい悪臭が立ちこめていたそうです。
山道を登って行くと道ばたに倒れている人がいたので近づいてみると伸ばされた手の一部がもう腐り始めていて、ギョッと飛び退いたと書いてありました。奥に進んで行くと次々と死体が現れてくるのですが、誰も埋葬することも片付けることもできないのでそのまま腐って、やがて白骨化していくのです。この谷のことをみんな「地獄谷」と呼ぶようになったそうです。

司令部の回りに複郭陣地(ふくかくじんち)を構築すると言っても、戦闘能力を失っている日本軍にとっては後はただ時間の問題だったのです。アシン渓谷のマゴックで手榴弾の製造をしていた整備隊も、7月下旬には持ち込んだ材料がもうすっかり無くなってしまったので最後の工場を閉鎖しました。整備隊でさえ後はだた食料を求めて敗走の旅をしたそうです。

そんな究極まで押し込まれた状態のアシン渓谷に空からナパーム弾が落とされ始めたのも、ちょうどこの頃からです。アメリカ軍はそれまでの爆撃に代わって、密林に逃げ込んだ日本軍のいぶり出し作戦に出たのです。ナパーム弾と言っても、ドラム缶を使った急ごしらえのものでした。これはサラクサク峠での戦闘でも使われています。山の斜面一帯を焼け野原にして、隠れる場所がないようにするための兵器です。

野戦病院の病人や看護士たちも避難していたのですが、ドラム缶のナパーム弾はそういう人たちが隠れている樹林にも落ちました。燃え上がる炎の中で、逃げるにも体が不自由で動けない人たちが死んでいったのです。早く戦争を終わらせるためにという目的だとしても、そこにはただ飢えたり倒れたりしている人が逃げ惑っているだけだったのです。もうほんとにあと2週間で終戦なのです。