40》カンルバン捕虜収容所への旅

9月17日の朝、GMCの大型トレーラーに乗せられたウハチさんたちは、カンルバンにあるアメリカ軍の捕虜収容所に向かいました。
ソラノからバレテ峠を越え、サンホセまで110キロの旅です。それはこれまで戦ってきた戦場を逆に辿って眺めることにもなりました。

サンタフェからバレテ峠へ向かって国道5号線の急坂を上り始めると、サラクサク峠に続くイムガン道が見えてきました。輜重隊が激しい砲撃の中を前線に輸送したルートなのです。それに、まだそこには死んだ仲間がそのまま放って置かれているのですから、何も想わずに眺めた人はいなかったでしょう。アダチ隊長もトラックの上でじっと目を閉じたと書いています。

バレテ峠を越えると、辺りの風景はすっかり変わり果てていました。黒こげの幹だけが立ち並ぶ焼け野原となった山並み、道路は道幅が2倍以上にも拡張されて脇には排水路まで作られていました。途中の数カ所に大型ブルトーザーが20数台も整然と並んでいるのを見て、人力だけで道路を作ってきたウハチさんたちは改めて戦力の違いを思い知らされたそうです。

平野部に下りてサンホセから先は、こんどは鉄道に乗り換えさせられました。マニラの南50キロにあるカブヤオまでです。 屋根のない貨車にぎっしり座っていると、そこにカービン銃を持ったアメリカ兵が護衛兵として一人乗り込んできました。ゆっくり走る列車に向かって、沿道に詰めかけた現地の人たちから絶え間なく罵声が浴びせられます。よく分るようにとわざわざ日本語で叫んでくる声もあるのです。

手記を残している人たちの多くが、その罵声の耐え難さについて書いていますが、その中でおもしろいのがありました。あまりに口汚く罵られるのでみんな下を向いてしまっているのを見たアメリカ兵が、
「何をしょげているんだよ。お前たちも言い返してやれ」と元気づけてくれたそうです。それからはその貨車だけはみんな顔を上げて、罵声にも動じなかったと書いてありました。捕虜という身分がどういうものなのか、これからどういう扱いを受けるのか、将校と一兵卒ではこれからの処遇を考えたときにその緊張や不安は、人によってずいぶん違っていたかもしれません。

ラグナ湖の西に広がる平地カンルバンでは、周辺の甘藷畑をきれいに整地してカーキ色の大型テントが立ち並ぶ大規模な捕虜収容所ができていました。日本軍の捕虜を収容するために急いで作られたものです。

捕虜生活の長さは人によってまちまちで、ひと月後の10月にもう日本に帰ることのできた人もいますが、2年近くもここに留められていた人もいたのです。そういう人は戦犯の疑いが晴れなくて、なかなか帰してはもらえなかったのでした。
ウハチさんがここカンルバンでずいぶん永い間暮らすことに自分がなるとは、着いたその日には思ってもいなかったでしょう。