アフィリエイト簡単副収入!

アフィリエイトとは


アフィリエイト

概要
企業サイトへのリンクを、Webサイトやブログ・メールマガジンなどで張り、閲覧者がそのリンクを介して該当企業のサイトで登録や商品購入を行うと、
リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法。
仕組みとしては成果保障型広告に分類されます。
メリット
企業にとっては、潜在的に商品に関心を持つ層に容易に到達できるというメリットや、
宣伝活動をアフィリエイターに委託するので、労力が省けるメリットがあります。
実際の売り上げに応じて媒体側への支払額が決まるため、ほかの手法に比べ、極めて費用対効果の高い広告手段です。
アフィリエイトをする側(アフィリエイター)にとっては、 ・ノーリスクで始められる(初期費用がかからない、在庫の心配がない)
・好きな時間(空いた時間)に行うことができる
・成果報酬型なので、努力次第でどれだけでも副収入額を増やせる
というメリットがあります。
アフィリエイトだけで生計を立てている人も結構います。
デメリット
・実際の商品販売(ショップ販売)と比べると利益率が低い
・アフィリエイターの数が増えてきているので、初心者では知識なしになかなか収入に結び付かない
といったものくらいです。
各副収入の特徴
アフィリエイトはノーリスク・ミドル(中)リターンだと思います。
実際の店を経営するのはハイリスク・ハイリターンですが、
まずは無料で始められるアフィリエイトで副収入を得て、
その後情報商材販売(ローリスク・ハイリターン)、店舗経営などにステップアップしたらどうでしょうか。
初心者の副収入対策

アフィリエイトの初心者は何から始めればいいか分からないと思いますので、
何か一冊くらいアフィリエイトの本を持つことをおススメします。
自分はアフィリエイト本ではないですが川島和正さんの「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」という本を参考に始めました。
自分に合った本でよいと思います。


アフィリエイトのコツ
当然のようですが、
自分のサイトを魅力的なものにし、多くのユーザが訪問してくれれば、収入はそれに比例して増えます。
リピーター獲得も重要。そのためにはとにかく少しも手を抜かないこと。
自分のホームページ内容と関連のある商品をアフィリエイトするほうが成約に結び付きやすいです。
ユーザの目線で考えるのが重要。
どのような検索ワードで自分のサイトに辿り着きやすいかが分かれば、
ユーザがどんなものを欲するのかも見えてきます。
それをアフィリエイトすれば、アフィリエイト成約率が上がるのは間違いなし。


また、古くなった情報や、リンク切れ等はユーザからの信頼をなくしますので、
定期的に更新を行いましょう。
アクセス数を伸ばし、HPから副収入を伸ばしたいなら、 サービス精神が大切かと。当サイトも無料で提供される情報のみを基本的に紹介してます。
ユーザは無料が大好き(笑)ですので。
儲けることがサイト運営の目的になると、他の同ジャンルのサイトと同じような内容になり、 埋もれてしまいがちです。
ユーザに良い情報を届けられれば、信頼も副収入も増えます。
そうなれば、不労収入も見えてきます。
アフィリエイトへの細かい努力が副収入増のカギ。
サイト作りもそうですが、結局はユーザ目線で考えることが、アフィリエイト成功の一番の近道かと。
アフィリエイト公式
アフィリエイトを行う際に意識すべき一つに、
売り上げ=アクセス数×成約(率)
というものがあります。SEO対策ばかり行って、アクセス数を稼いだとしても
成約率が低い状態だと売り上げはあまり伸びません。上記公式が足し算ではなく、掛け算となっている点を意識してください。
もちろん、アクセスがゼロだと論外ですので、そのあたりの加減もよく考えるべきです。
ロングテール
ロングテール(The Long Tail)とは、販売機会の少ない商品でも、幅広くアイテムを取り揃えることで、
全体としての売り上げを大きくする概念・手法です。
実店舗ではあまり売れないような商品は、場所にコストがかかるため、置くことはほとんどありません。
それらのあまり売れない商品を大量に置いておくことで、年間を通したスパンで見た場合、
結局それが全体的な売り上げのかなりの割合を占めるということも多いです。
インターネット上では、場所のコストがほとんどタダなので、いくらでも置いておけます。
色んなサイトや情報を作って、設置し、検証する。この繰り返しが副収入を生みます。
ロングテールを作る方法は、色々ありますが、まずは手動で作って更新することから始めましょう。
大量に作ってみて、検証する。これがネットビジネスに共通する必須要綱です。
ネット副業を始められない人は、やったことないから不安なだけです。やってみると、簡単。
一つしっかりしたサイトを作ってしまえば、2つ目以降は5分の1以下の労力で作れるはずですので、 最初の一つ目は本気で作成してみることです。