アフィリエイト簡単副収入!

信用度(ブランディング)


ブランディング

ネットビジネスの成功はブランディング次第

インターネット上では、相手の顔が見えないのでユーザは購入や登録など、 アクションを起こすのには相手が信用できるかどうかを重視します。
得体の知れない人から購入することはないでしょう。
ネットオークションも評価が高いだけで、売上は数倍〜数十倍になります。
この評価を高めるには、1件、1件手を抜かずに対応していくしかありません。
今は、SNSやブログ、メルマガを通して自分自身のブランディングを行っている人も多いです。
自分も、メルマガ発行してます(トップページ参照)し、ネットショップ運営もしています。
こういったことを積み重ねれば、少しずつですがブランディング形成につながるはずです。
また、ネットビジネスで信用度を高める方法はいくつかありますが、
自分の熱心なファンを作ることを心がけるのが、
ネットビジネスでは最短に達成できる方法と思います。
熱心なファンがいれば、その口コミ効果(バイラル効果)によって、
一気に信用度は増えていきます。

リンク洗浄

自分の知らない変なサイトからのリンクを無効にする

Googleは2012年から、被リンクの質も見るようになりました。
悪意のあるサイトは、わざと目立っているサイトにリンクを張ったりする場合もあります。
Googleは自分が管理できないサイトを無効にするリンクの否認
というのが始まったので、お悩みの方は使ってみましょう。

Googleウェブマスターツール

サイトの評価の目安となるGoogle Page Rankですが、
Googleのウェブマスターツールを使えばPage Rankの他様々な情報が調べられます。
メリットは
・Googleからのメッセージを確認できる
  サイトの問題点をGoogleがメッセージで指摘してくれるため、問題の早期解決が可能。
・クロールエラーを確認できる
  正常にクロール出来ないページと、その原因の確認が可能。
・被リンク情報が得られる
  Googleのデータベースからの情報なので、正確な被リンク情報が得られるのはここだけです。
・HTMLの改善箇所の検知ができる
  タイトルやメタデータの問題箇所がある場合、対象URLを確認出来る。
と言ったメリットがあります。売り上げを増やしたい方は必須のツールです。

責任を持ったサイト運営

商品を直接販売しているサイトは、「特定商取引に関する法律」が適用されるので、
運営者名や住所、電話番号を記載する必要がありますが、アフィリエイトは掲載の義務はありません。
しかし、ユーザはサイトを訪れた際に、プロフィール情報を閲覧したりします。
しっかりとどういう目的でサイトを運営しているかを明記して、ユーザの不安を取り除いてあげましょう。
心構えるべき点は、
・Webサイトの最重要物はコンテンツであることを心得る ・ユーザの目線を意識してサイトを構成する ・誠実な姿勢でアフィリエイトに取り組む ことだと思います。
また、余裕がある人は、自身のサイトがHTML的に文法が正しいかチェックしてみましょう。
HTML校正ツール 100点にしておけば、クローラから見たサイトの見栄えは良くなるはずです。

クレジットヒストリー

実社会の中では、「クレジットヒストリー」(クレジットカードの信用情報)も重要です。
毎月定期的に利用しており、延滞も無ければ良い履歴とされ、
また逆に延滞があると悪い履歴になります。
短期間に多くのクレジットカードを作ったり、
残高が多すぎる場合もマイナス要素となります。
毎月支払いが発生する公共料金の支払いをクレジットカードでしていれば、
自然に良好なクレジットヒストリーが出来ます。
これが高くなれば、プラチナカードやブラックカードからの招待が届く場合があります。
自身のクレジットヒストリーを確認することは、CIC(Credit Information Center)で可能です。
CIC
延滞は厳禁です。
枚数が多すぎるとあまり評価的に良くないですので、
自分の必要なカードを必要に応じて持ちましょう。
たとえば ネットオークションをよく使う人はyahoo!カードや楽天カード
楽天 信頼 クレジット
海外旅行することが多い人はVISAカード
yahoo
国内での使用がほとんどな人はJCBカード
JCB JCBカード 社会的ステータスとして持ちたい人は、
CITI BANKカードなど。
ダイナースカード あとは自分の良く使うガソリンスタンドのカードや電機やのカードなど、
目的に合わせてカードを持ちましょう。
普通に現金で買い物をしているよりも、はるかに得な場合もよくあります。
カードのセルフバックやキャッシュバック(作るだけで、数千〜数万円もらえる)をしているものも多いです。
カード枚数が少なく、アフィリエイト経験が浅い人は、カード作成による自己アフィリで稼ぐのも良いと思います。
アメリカでは、日本よりはるかにカードの信用情報が重視されています。
日本も今後この重要性が上がっていくと思います。
クレジットヒストリーの向上、自身のブランディング形成を心がければ、
収入は劇的にあがるはずです。