アフィリエイト簡単副収入!

来るべきフリー経済について


副収入

フリーミアム 最近よく聞くようになった言葉「フリーミアム」というのは、基本的なサービスを無料(または一定期間無料)で提供し、
さらに高度な機能や特別な機能について料金を課金するビジネスモデルです。
フリー(無料)とミアム(割り増し)と言った英語が組み合わさったものです。
身近な例ではGREEやセカンドライフ、Adobe等がそういった仕組みを使っていますね。世の中にはそういったのツールやマニュアルがたくさんあります。
無料であることと、経済とは全く相容れない概念と考えられてきましたが、フリーも経済の一部となってきています。
IT革命後に出来た概念かのように思われがちですが、実際は国家が行っている「税」そのものが最大の「フリーミアム」だという話は非常に納得させられます(↓FREE経済学入門より) 勿論、価格的にはただだからと言っても、経済である以上何らかの対価を取られているということをしっかり理解することが、無料経済時代を生き抜くのに不可欠です。
Googleが検索エンジン自体は無料であっても、あれほど利益を上げられているのも勿論フリーミアムビジネスを有効活用しているからです。
今話題となってきている「コンテンツマーケティング」も、フリーミアム戦略に基づいたビジネス手法の一つです。
ただのダウンロードツールやマニュアル等でも、メールアドレス等の情報を取られており、向こうはこれを販促に使うかもしれませんし、検索エンジンやSkype等の無料のものも もしかしたらずっと監視されているという可能性もあり、自由が奪われている可能性もあります。
フリー経済を理解するには 苫米地先生のFREE経済学入門 がおススメです。
FREEの語源はfriendだそうです。奴隷制があった時代、友達は奴隷とは違って束縛が無いというところからきています。
libertyと違いfreeには束縛するものという前提があるので、よりFREEになるために束縛を知るというのも重要。
経済的対価からの自由を得られている人は日本人ではほとんどいません。自分自身を束縛しているものを理解し、また しっかりと経済を学んでフリー(無料)からもフリー(自由)になりましょう。
自分を束縛するものが何か知識を得るだけで、全然収入も変わってきますよ。
ネットオークションで1\からの出品で客を引き寄せるのや、無料レポートをPDFで配布して信用度を高めるのも有効なフリーミアム戦略です。
自信があるのでしたら、YouTubeに自身の何らかの技術を投稿するのもいいかと。
世界でフリーミアム戦略によって大きく成功しているものの一つにAdobe社のAcrobatReaderなどがあります。だれでも一度は使っているはず。
検索エンジン自体も基本はフリーミアム戦略です。
金銭的にはタダで提供するけど、何らかの見返りをあとで回収すれば成り立ちますので、一度ネットでのフリーミアム戦略も考えてみてください。
ちなみに、当サイトはまさにフリーミアム戦略でやっています(全て無料で出来る手法のみ紹介している)。
フリーが爆発的な副収入を生み出すのは、今のネット世界ではほぼ常識と化しています。
実践フリー戦略 英語の原文でのアダムスミス『国富論』を読むのもおススメ。AmazonのKindleでなら、2ドル程で買えますので。