アフィリエイト簡単副収入!

アフィリエイト簡単副収入!ネットビジネスで収入を得るための知っておきたい用語集!


ネット副収入用語集

英語

AISAS

「Attention(注意喚起)」,「Interest(興味)」,「Search(検索)」,「Action(購買)」,「Share(共有)」
の頭文字をとったもの。消費者の各行動を表している。
AISAS理論とは、マーケティングにおける消費行動プロセスに関する仮説の一つで、
消費者の購買にまつわるプロセスはこれらのプロセスから成り立つとする理論のこと。

Cookie
サーバーがブラウザを通して、データをユーザのパソコンに保存できる機能のこと。
アフィリエイトの場合は、広告を踏んでから数日後に購入した際も、リンクが有効となる場合もある。

DRM(Direct Response Marketing)
アメリカ広告業界で確立されたマーケティング手法。
集客をして、教育して、販売するという一連の流れを突き詰めた販売方法を言う。
ネットビジネスでいうDRMは、
・集客・価値観の共有・提案というプロセスのことを指す場合が多い。

EFO(Entry Form Optimization)
エントリーフォーム最適化のこと。
登録フォームをシンプルにしてわかりやすく(最適化)することで、
問い合わせが増えるという考え方に基づく。
ワンクリックで登録出来たり、メールアドレス入力とクリックのみで登録出来たり、
手続きが簡単なほど、ユーザが行動を起こす確率が上がる。

FBA(フルフィルメント by Amazon)
Amazonが出品者に代わって注文を受け、商品を出荷するプログラムのこと。
出品者は商品をのフルフィルメントセンターに納品し、後工程はAmazonが行うプログラムとなっており、
せどりで稼ぐ人たちがメインで使用するサービス。
ワンクリックで登録出来たり、メールアドレス入力とクリックのみで登録出来たり、
手続きが簡単なほど、ユーザが行動を起こす確率が上がる。

Google Dance
Googleの検索サーバーインデックス情報が一度に更新されない為、
検索タイミングにより検索結果が異なってくる現象。

LP
「Landing Pageの略。訪れたユーザが最初に到達するページのこと」
ランディングページの直帰率の値により、成約率にかなり影響すると言われている。
最初にユーザの心をどれだけ掴むかが、Webでの成功を左右するとも。

LPO
「Landing Page Optimizationの略。検索エンジンからの着地ページを最適化すること。」
一般的にLPOとは、Webサイトにおいて、サイト訪問ユーザが最初に訪れるページを工夫し、
訪問者の直帰率を下げ、自分のページをじっくり見てもらうために行う施策のことを言う
日本におけるサイトの直帰率平均は50%〜60%と言われている。
ユーザに安心感を与えられるかどうかがポイント。

LTV(Life Time Value)
生涯価値のこと。
将来も含めて、そのお客からどれだけ価値が得られるか、
お客様との信頼関係を構築することのほうが重要だという考え方。

MEO
Map Engine Optimizationの略。「地名+業種またはサービス名」で検索した時に、(例:「新宿 ラーメン屋」など)
1ページ目に表示される地図を上位表示させる技術のこと。
現在(2012年)YahooやGoogleは店舗情報検索に積極的なプロモーションをかけており、
費用対効果が高く、クリック率も異様に高いMEOはSEOに代わって重要対策になると言われている。
SEOと違い、結果がすぐに表れる特徴あり

RT
リツイート(他の人のツイートと同様の内容を拡散させる行為)。公式RT(最初の情報発信者に対する直接RT)と非公式RT(拡散されたものに対してRT)がある
RT数が人気のツイートの尺度としてよく使われている。

Search Plus Your World
2012年1月10日にGoogleが発表した検索エンジンの結果にSNSの内容も考慮するというもの。
パーソナルな結果を取得できるソーシャル検索サービス。
只今のところは、自社サービス(Google+)としか連携してないが、今後に注目する必要あり。
ユーザのソーシャルな結びつきからのコンテンツも検索結果に反映するサービスであり、
具体的に「Personal Results(Google+内で共有されている写真や投稿を表示するもの)」,
「Profiles in Search(フォローしているGoogle+ユーザが検索キーワードの候補となる)」、
「People and Pages(キーワードに関するトピックに関連したGoogle+ページを表示する)」といった3つの機能を備えている。

SEM
Search Engine Marketingの略のこと。大きなシェアを誇る検索エンジン(Google等)からの訪問ユーザを増やすマーケティング手法。

SEO(Search Engine Optimization)検索エンジン最適化
検索エンジンの検索結果のページ表示順上位に自分のサイトが表示されるように工夫を施す事。
また、そのためのテクニックやサービス。SEOをメニューに用意しているところもあり。

SIPS
「Sympathize(共感する)」,「Identify(確認する)」,「Participate(参加する)」,「Share&Spread(共有、拡散する)」
平成23年1月に、電通が発表。
今後のソーシャルメディア対応に重要となるマーケティング戦略

SWOT(分析)
SWOT:Strengths(強み)Weaknesses(弱み)Opportunities(機会)Threats(脅威)の略。自身のホームページのSWOTを認識することが
さらなる売上につながるということで注目されている。

あ行

アウトバウンドリンク
他のサイトに対して自分のサイトから張っているリンクのこと。トップページからはこの数が少ないほうが、評価的には高くなる。

アクセス解析
自分の運営するサイトに、どのような手段でアクセスしてきたかを解析する事を言う。
閲覧者の環境の傾向や、興味のある内容、適切なサイトデザイン等を見つけ出すのに有効。
サービス業者からレンタルして、HTMLタグを貼り付けて機能するもの、HTMLタグが不要なサービス等もあり。

アバター

会員登録や商品購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬酬が支払われるという広告手法。
髪型や服装、装飾品などを自由に選んでオリジナルのアバターを作りあげることが可能。

アフィリエイト
インターネット上の仮想的な世界で動作するユーザの分身のこと
会員登録や商品購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬酬が支払われるという広告手法。
基本的に無料で行えるので、リスク無く行えるというメリットがあります。

アフィリエイター
アフィリエイトからきた造語で、ホームページやメルマガ広告を張って収入を得ている人を指す。

インタレストマッチ
ユーザの過去の閲覧履歴や、直近の検索キーワードに応じて
最適な広告を掲載する興味関心連動型広告。

インデックスアップデート
検索サイトが世界中から集めたホームページ情報のデータベースが更新されること。

インバウンドリンク
他のサイトから張られているリンクのこと。これが多い(評価の高いサイトからのリンクほど効果的)ほど、評価は上がる。

インプレッション
広告やWebサイトが何回表示されたかを表します。

オーバーレイ広告
サイトの上に覆いかぶさる様に表示される広告のこと。
ページを上下にスクロールしてもどこまでもついてくるので、常にページ内に表示される特徴がある。

オプトイン
相手からのメールや広告配信に同意すること。
オプトインにての大量メール配信は相互認識あるとみられ、スパムに当たらない。

オンデマンド
利用者からの要求に応じてサービスを提供する方法のこと。

か行

Google Page Rank
Googleからのそのホームページの評価の尺度。1ヶ月に1度くらいのペースで更新されます。
主に、Googleからの被リンクによる評価で決められるが、高いからといって必ずしも上位表示はされない。

カテゴリ登録
それぞれのポータルサイトにカテゴリ登録(ディレクトリ)することで、外部リンクを得る事です。
yahoo!やgoo等に登録されるには審査がありますが、審査を通過すれば非常にSEO的に効果があり。
検索エンジン

刈り取る
せどり用語で、過去のデータを見て売れているにも関わらず、安値で売っている方がいる場合、それを買い取って再度販売すること。

グラフ・サーチ
2013年からフェイスブック社が開始したソーシャル検索サービス。
ソーシャルネットワークを利用した、リアルタイムでの各ユーザが今何を欲しているのかを検索できるようになると期待されている。
クローラー
検索エンジンが利用するホームページ巡回ソフトのこと。
質の高い情報を掲載するサイトを好む傾向にある。
検索エンジン
キーワードによって、調べたい情報を検索できる仕組みで、サーチエンジンとも呼ばれる。
ページに掲載する企業の広告料金で運営されている為、自体の利用は無償。
検索ネットワーク(広告)
GoogleやYahooで検索した際に、検索した内容に連動した内容のものが、
ページの上部とサイドに表示される広告のこと。検索広告とも呼ばれる。
コピーワンス
1回に限り複製が許可されているデジタルコンテンツ、又はそれを実現するコピーコントロール技術。
コンピュータウィルス
他人のコンピュータに密かに侵入して、ハードディスクの内容などを破壊してしまうなど悪質なプログラムのこと。
感染の予防策として、疑わしいファイルを安易に実行しない、不審なメールを開かない、定期的にウイルスをチェック等が重要。
個人情報保護法
個人情報をデータベースとして保持している事業者は、これらを適切に取り扱わなければならず、規定に違反した場合には罰則が課せられる。
ネットでの販売や宣伝を行う際にも、良く理解しておかなければならないものの一つです。
高速モバイル
無線通信で高速インターネット接続ができるサービスのこと。
携帯電話やPHSの通信網を利用した無線インターネット通信の一種で、PCやPDAなどでのデータ通信に用いられます。

さ行

ステップメール

あらかじめ用意された複数の違う内容のメールを、ある時点を起点として、スケジュールに沿って順次配信するシステム。
自分の思うどおりの順番で配信されるので、ストーリーテリングが可能となり、成約に結び付きやすくて注目されている。
メリット:一度セットしてしまえば、半永久的に顧客に順序立てたメールを自動送信可
デメリット:リアルタイム性に欠ける

シングルオプトイン
メールアドレス等、必要事項を入力しボタンをクリックするだけで手続完了するのもののこと。
これに対し、「ダブルオプトイン」はボタンクリック後に届くメール内の確認リンクをクリックする(本当に存在するかどうかチェックを行う)必要あり。
アフィリエイトにおいてはこのどちらかをしっかり知ることが重要。

スパム
受信者の承諾無く同じメッセージを一斉に配信すること。
アフィリエイトではこの行為は厳禁です。

スニペット
検索エンジンの検索結果ページに表示される説明文(要約文)のこと。

スピルオーバー
スピルオーバーとはこぼれ落ちるという意味で、ネットビジネスでは特に強制マトリクス型の
MLMにおいて、自分のアップラインが直下ダウンを制限人数以上に獲得した場合、下位のダウンに
ダウンラインが降りていくことを言います。これにより、何もしなくても収入を増やす事も可。

スポンサードサーチ
検索サイトで商品やサービスを検索しているユーザに対し、
検索キーワードと関連する広告を表示する検索連動型広告。
Yahoo!リスティング広告等が有名。Googleアドワーズの「キーワードターゲット」も同じ仕組みである。

せどり
せどり(競取り)とは、元々は中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ることという意味で
使われていたが、現在では、古書店やフリーマーケット等で安く購入し、他の古書店やオークション等
に高く打って利ざやを稼ぐこと。

ソーシャルシグナル
フェイスブックやツイッター、Google+などのソーシャルメディアからの
アクセスが評価基準の一つの指標ということ。近年新たに追加されたGoogleのアルゴリズム
いいねボタンや+1ボタン、アクセス数なども評価基準とされる。

ソーシャルネットワークサービス(SNS)
コミュニティ型のWebサイトの事で、参加者からの招待が無いと参加できないというシステムになっているのが
多く、同じ趣味や居住地域、出身校、共通の友人などのつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する
サービスの事。mixiやGREE,facebook等が有名。

ソーシャルブックマーク
自分のブックマークをインターネットで公開し、不特定多数の人と共有できるサービスのこと。
インターネットに接続できる環境があれば、どのコンピュータからでも閲覧することができます。

相互リンク
お互いのサイトへのアクセスや、検索エンジンからの評価を高めるために互いに
リンクを張ることを言います。サイト作成初期段階では、検索エンジン等からも
あまり認識されていないので、ある程度SEO対策効果があります。

た行

ダウンライン

自分が紹介したもしくは、自分のアフィリエイトURLから登録した人の数を表します。
2段階、3段階等の階層となっている場合もあり、ダウンラインの人数が多ければ多いほど、
自分に対するダウン報酬・ダウン収入が発生します。

ディスプレイネットワーク(広告)
テキスト広告にプラスして、イメージ、動画、FLASH広告などを配信できる。
動画広告やイメージ広告、従来のテキスト広告。
コンテンツネットワークで配信可能な広告媒体のことを総称したものを、
アドワーズやOvertureではディスプレイ広告と呼ぶ。以前はコンテンツネットワークとも呼ばれていた。
電子署名
電子データが「本人によって作成されたこと」、「改竄されていないこと」を保証する技術のこと。
紙の文書における印鑑証明や登記簿謄本等に相当する本人確認のための手段として、重要な文書に用いられる。

トラフィックエクスチェンジ
システムを提供しているサイトに登録して、他人のメンバーのホームページを見てポイントを
貯めることによって、自分自身のホームページも他の誰かに見てもらえるというものです。
アクセス数の期待値で言えばとても高いのですが、オートサーフ等が多く有効なアクセスは多くはない。

ドロップシッピング
自分で商品を持たずに商品販売の窓口となり、集客を担うことで利益を得るインターネットによる通販形態のひとつ。
アフィリエイトと似ているが、商品の価格を自由に決めることができる点、利益が販売手数料ではなく、販売額と卸値との差額である点が異なる。

な行

ネットオークション

出品者の出品に対し、購入希望者が値を付けて一番高い値段を付けた人にその商品を売る
といったネット上の競売システムです。簡単に初心者でも参加できるので、非常に人気があります。

ネットリテラシー
情報ネットワークを正しく利用することができる能力のこと。
基本的にはネットワークにアクセスし、自らが欲する情報を入手できる能力や、その情報が正しい情報かどうかの判断ができる能力なども含まれる。

ネットバンク
ネットバンクとはインターネット専業の銀行のことです。メリットとしては従来の銀行よりも
金利が高く、また手数料等が安かったりします。有名なところではSBIネット銀行や楽天銀行
(旧イーバンク銀行)等があります。ネットでのポイント換金やオークション等では非常に重宝します。

は行

バイラルマーケティング(Viral marketing)

口コミを利用し、低コストで顧客の情報(メールアドレス等)の獲得を図るマーケティング手法。
情報の広まり方が、ウィルス感染に似ていることから、「ウィルス性の」という意味の名を冠している。

バックエンド商品・フロントエンド商品

バックエンド商品=「本命商品」、フロントエンド商品=「集客商品」のこと。
フロントエンド商品により集客し、バックエンド商品を販売することで利益を上げる手法が流行しています。
フロントエンド商品の例はセミナーや無料メルマガ、安価な商品、俗にフリーミアムと呼ばれるサービス(検索エンジン、無料ツール等)。
バックエンド商品の例は提起し円やプロジェクト、高価な情報商材等。

ハッシュタグ

「(任意の単語)」の文字列をハッシュタグと呼ぶ。主にツイッターで使われ、「〇〇〇」という同じテーマについての発言だということを表す
#以降はユーザが好きな文字列を付けることが可能で、日本語も可能。検索ボックスにハッシュタグを入力すれば、関連ツイートを検索可能。

パンダアップデート
2011年から行われ始めた、Googleによるスパム的SEOを行なっているサイトのSEO手法に対する取り締まり。
これにより、今後は今までような外部対策重視から内部対策重視に変わっていくと見られている。

被リンク(バックリンク)
そのサイトが外部のサイトからどれだけリンクを受けているかを指します。
この値が大きいほど重要なサイトと考えられ、表示順位にも大きく影響します。

ファボ

SNSで気に入ったリンクやツイートをお気に入りに入れる事。呼び名の語源はfavoriteの略

フィード
Webサイトの更新情報やコンテンツの概要などを配信するために記述されたデータ又は、書式のこと

不正アクセス
アカウント認証機能等で制限されているコンピュータやウェブに他人のアカウントや、セキュリティーホールを突破してアクセスすること。
  

フリーミアム
基本的なサービスを無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について
有償で提供するというビジネスモデルを表す語です。フリー(無料)とプレミアム(割り増し)から来た言葉です
はAdobe社のアクロバットリーダーやGreeの無料ゲーム等が有名。

プレースメントターゲット
キー環度を設定せず、GoogleのパートナーサイトやGoogle関連サイト、
YouTubeサイトの中から掲載したい場所を選択できる。

ページビュー
ウェブページが何回アクセスされたかを表すもの。
  

ペンギンアップデート
Googleが行った、同社の品質ガイドライン違反をしているサイトに対するアルゴリズムの変更。
ペンギンに誤って攻撃されたと感じた人達のために、専用のフォームも用意されている。

ポイントサイト
広告メール受信、アンケート回答、無料・有料会員登録、商品購入等でポイントを貯めて
お金や商品券等に交換できるサイトのことです。料金が無料のところが多く登録も簡単に
出来るので初心者向けです。

ポータルサイト
多くのユーザがインターネットにアクセスして最初に訪れるウェブサイトのこと。
ポータルとは「入口」を意味し、Yahoo!、goo、Excite等が有名。  

ま行

マルチメディア

動画、静止画、音声などの情報を複合的に同時に提供すること。
双方向性がなければマルチメディアだとはいえないといった考え方もある。  

メールマガジン(メルマガ)
電子メールを利用して発行される雑誌の事。発行者が購読者に定期的にメールで情報届けるシステム。
バックナンバー(過去の記事)を公開している場合は、Webサイト上で取り寄せられる事が多く、
有料のものと無料のものがある。まぐまぐなどが有名。

無線LAN
有線ケーブルを使わず、無線通信でデータの送受信をするコンピュータネットワークLANのこと。

や行

ユビキタス

あらゆる物にコンピュータが埋め込まれ、いつでもどこでも、情報通信技術の恩恵を受けられる環境のこと。
いつでも、どこでも、さまざまなコンピュータ支援が得られるような環境が、「ユビキタス社会」と呼ばれる姿とされている。

ユニークユーザ数
訪問ユーザ数をカウントする際に、同一ユーザによる訪問はカウントしない数。ユニークユーザ数が多いほど、成約が増えると言われている

ら行

リスティング広告

検索結果上部の広告スペースに検索ワードごとに表示されるサービスのことです。人気のあるワード程、
価格が高くなりますが、広告が表示されるだけでは1円もかからないので、宣伝の費用対効果としては高い
。yahoo!が運営しているオーバーチュアや、Googleのアドワーズ等が有名。

リードメール
広告メールを一定時間見ることで、ポイントがもらえるサービス。
配信される広告はネットビジネスに関連したものが多い。
多量のメールが配信されるので、プロバイダアドレスでの登録は避けたほうが無難です。

リムる

フォローしているのを解除したり、お気に入りから消したりすること。語源はremoveの略から。