2009年3月6日        草津一泊5600円の旅        トップへ  旅行indexへ  行った温泉一覧へ

東京池袋JR西口東京芸術劇場前から草津温泉おおるりグループホテルニュー紅葉行きのバスに乗り込む。一泊二食付で一人5300円!何と+300円で東京から往復の送迎。かなりの格安だが『まともなのかこの旅行?』
(夕食のときビールを付けたので結果支払いは二人で12250円でした。)


おおるりグループ草津温泉ホテルニュー紅葉
12時ごろホテルに到着。ホテルのエントランスはどこかの待合室のようなベンチシートのソファーが整然と並んでいました。(また帰りの湯けむり号は、ホテルおおるりから出るのですが、そこのホテルのロビーは背もたれのないビニール製のシートも含め所狭しと並びバスを待つ人でごった返していました。)
 チェックインを済ませフロントで鍵を受け取り部屋へ・・・因みに髭剃り、バスタオル(レンタル)、有料となっているので、持参した方がいいでしょう。フェイスタオルはありますが、向こうが透けて見える薄いものです。こうゆうところで料金を抑えているのですね。事前に調べていたので、全然気になるところではありません。
部屋

料金の割にはいい部屋です。

部屋からの景色

内風呂
源泉名 草津温泉万代鉱
泉質 酸性-硫酸塩・塩化物泉
源泉温度 96℃
pH値 1.49
メタケイ酸 537

露天風呂
草津なので温泉は良いですねー。
食事

夕食

朝食
夕食朝食共にバイキングです。これといって食欲をそそるような凝った惣菜はなかったのですが、焼きそば、エビチリ、唐揚げ、フライドポテトと、すいたお腹を満たしてくれる料理が並んでいました。注文したビール(525円)を片手に「かんぱーい!」うめー!ビール。
観光
ホテルに着いて次の日湯けむり号で帰る時間までが草津温泉の観光です

柏香亭
草津に到着したのが丁度お昼。先ずは腹ごしらえです。湯畑の近くにある蕎麦屋に入りました。
光泉寺
外湯めぐり
草津の観光目的の一つが外湯巡りです。草津に到着した日、6日は昼食を食べた後、関の湯、巽の湯、煮川の湯、地蔵の湯、千代の湯と巡ったあと、次の日翁の湯、光泉寺をお参りした後、瑠璃の湯、白嶺の湯と巡りました。(関の湯、煮川の湯、白嶺の湯は湯船を見ただけですが・・・)

湯畑
        
関の湯、湯畑の近くにあります。
 

巽の湯、蕎麦を食べているとき向かいに座ったオジさんに勧められた外湯です。

煮川の湯、湯船を見て凄く熱そうでした。うめるのに時間がかかりそうだったので、他の外湯へ

地蔵湯、外湯で一番大きいのではないでしょうか。

待合スペースの他時間湯の部屋、車椅子用のトイレ。



湯屋の前の源泉。

千代の湯、旅館が立ち並ぶ一角にあります。

浴室はチョット暗い。

翁の湯、

瑠璃の湯、

白嶺の湯、まだお湯を注いでいる最中。

草津温泉外湯一覧

温泉饅頭食べ比べ

田吾作
湯けむり号送迎で必ず立ち寄るドライブイン田吾作。 バスを降りて、試食として手渡された「田吾作饅頭」ホテルの部屋のお茶うけのお菓子もこの饅頭。皮が普通の饅頭に比べてしっとりしていて黒糖の香りも感じる。なかなか旨い。
帰りのお昼はここで食べる。手打ちうどん、美味しい。


山びこまんじゅう
すぐ目の前に湯畑があり、お客も沢山。
香ばしい匂いが漂ってきます。
揚げ饅頭だ。
思わず一個。口の中に香ばしさと、濃厚な甘さが広がります。美味しいです。

松むら屋
流石は老舗、皮、アンコのつぶし加減と甘さ絶妙なバランスで最高。


ちちや
やはり湯畑のそばにあります。「松むら屋」に負けない位人気の店です。松むら屋と比べるも、甲乙つけがたい美味しさです。それでは私の好みで、
「お土産これに決定!」
家に帰って息子には「甘味が足りない」といわれた(;。;)


     2009年3月6日        草津一泊5000円の旅        トップへ  旅行indexへ  行った温泉一覧へ