ウサギやキツネときにはクマ!も現れる自然豊かな農園です
けいら農園のロゴからTOPページに戻れます
農園の農業廃棄物
TOP > 農園の産業廃棄物 

ほとんどの農家が使用している農業用マルチシートや潅水チューブ
ビニールハウスのビニール等、様々な種類がある農業用資材は
農業生産で用いる事で産業廃棄物として排出さます。
当農園でもかなり多く排出されますが、マルチシートを例に
廃棄物処理工場までの道のりを辿って行きます。
 産業廃棄物の道   双葉のアニメ 双葉 
■集める  
マルチシート この緑色した物体は、農産物の根元を温める農業用マルチシートです。
当農園では、毎年 幅1,350mm×長さ200mのマルチシートを、約28本(約5600m)ほど使用しています。
収穫終了した畑から順番に、このマルチシートを剥がし、畑の端の雨に濡れない場所に積み上げます。

この積み上げたマルチシートが全て、産業廃棄物として扱われます。

■運ぶ    
トラックに積み上げ 丸めたマルチシートを、畑から集めてトラックに
積みますが、泥が付いて重くなり荷台へ上げるのも
結構な重労働です。
薄いマルチシートだけで、その重量 約800kg
表示プレート 運搬中に貼り付ける事を義務付けられているプレートを、トラックの見やすい位置に貼り付けます。

■書類  
農業用産業廃棄物管理票 JAから農業用産業廃棄物管理票(マニフェスト)(A票)を持ってきて必要事項を書き込みます。

この農業用産業廃棄物管理票がないと処理工場は受入れを拒否しますし、運び込む毎に1枚必要となる大切な書類です。

書類毎に処理費用が計算され、後でも持ち込んだ農家に請求が来ますが
この処理費用だけでも結構な金額になるのです。

■処理工場へ  
産業廃棄物場 処理工場の敷地内です。
奥の白い建物で、細かく粉砕しブロック状にまとめた後、材質毎リサイクル工場
もしくは埋めてて処分場へ運ばれていきます。

手前の山は、町内の農家が持ち込んだ潅水チューブやマルチシートといった産業廃棄物の山で、これからトラックに積み込んだ物をこの山に降ろします。


 Copyright C 2006 けいら農園 co.,ltd. All rights reserved. 
 お問い合わせ y-keira@nexyzbb.ne.jp
 〒048-2404 北海道余市郡仁木町砥の川97番地 
 TEL/FAX   0135-31-3515
 けいら農園   代表 計良 友一

当農園のバナーです。
リンクの際はお使い下さい。