ウサギやキツネときにはクマ!も現れる自然豊かな農園です
けいら農園のロゴ
こんな時季からトマトの種まき
TOP > こんな時季からトマトの種まき? 

   
     トマトの種まき    
外は真冬▲ 種まきするハウスの外は・・
こんなに雪・雪! 真冬です
当農園では左の写真でも分かります様に、毎年2月初め頃、まだ雪深い時季から
暖房施設の入ったハウスの中で トマトの種まき をしています。
病害虫の被害回避の為 接ぎ木 という手法をとっていますので、果実を収穫する為の 穂木(ほぎ) と言われるトマトと、病気の抵抗性をもっている根の部分となる 台木(だいぎ) これもトマト! この2種類のトマトの種を蒔くのです。
■右の写真が穂木と台木の写真
穂木:麗夏(レイカ)
台木:がんばる根

最終的には、2種類のトマトを1つのトマトに融合させ、美味しい実が取れる丈夫なトマトにするのです。

●知ってます?
トマトの種って以外と高い 品種にもよりますが1袋 1000粒入って18,000〜25,000円もするんです・・高いー
種の品種

小さな種
↑超〜小さい種でしょう

トマトを食べた時に、中のゼリー質の
部分にある奴です。
この小さな種を、一粒一粒 手作業で
蒔くのです。



このトレーに専用の土を入れた後、水を撒き、一晩暖めた状態で種まきを行っています。
秘儀の種まき器
お菓子箱やティッシュの箱で作成する、けいら農園では無くてはならない必殺のアイテム『種まきマシーン』・・マシーンって
種まき終了
種まき終了!
この日は穂木用で20枚、台木用で32枚のトレーに種を撒きました。
種まき中
種まきマシーンとピンセットを使い、冷蔵庫にある製氷トレーのお化けみたいな、窪みが200あるトレーに土を入れ種を蒔きます。


↑種まき日から4〜5日で発芽です。

↑種まき日から20日程度経過
種まきから、左の写真の様な大きさになるまでの期間、温水ボイラーを昼夜フル稼動させハウス内の温度を確保しています。
また、朝晩の湿度管理や日光が入り易い様にビニールの開け閉めなど、気が休まる暇もありません。

まだまだ育苗管理は続きます。
種まきから約20〜25日で接木、その約35〜40日後、ようやく畑にトマトを植える事になります。

接木作業はこちら

 Copyright C 2006 けいら農園 co.,ltd. All rights reserved. 
 お問い合わせ y-keira@nexyzbb.ne.jp
 〒048-2404 北海道余市郡仁木町砥の川97番地 
 TEL/FAX   0135-31-3515
 けいら農園   代表 計良 友一