ウサギやキツネときにはクマ!も現れる自然豊かな農園です
けいら農園のロゴ
接木って知ってる?
TOP > トマトの接木作業 

   
     トマトの接ぎ木    
接木カッター
▲ピンセットみたいな形の物体が
   接ぎ木がと〜ても楽に出来る
   『接木カッター』 という物です。

   下が2種類のトマトを繋げる資材で
   太さに合わせて3〜4種類あります。
  暖房施設の入ったハウスの中で、トマトの穂木台木の種まきをしてから約20〜25日後、 穂木と台木の太さを見ながら、左の写真にある接木カッターを使ってトマトの接木 を行います。
接木作業は、直射日光と風に当てない所で行います。 またのんびり作業すると萎れてしますので、1トレイ(128本)を1時間以内で一気に仕上げます。
台木のカット →
台木となるトマトの根の部分から約3〜4cmのところを斜めにカットします。
接木カッターはちょうど30度の角度の溝が付いているで、その溝に台木を合わせてカットすると角度にこだわらず簡単に作業できます。
台木カット

ウィズ差込
台木にウィズを差込む
台木の太さに合わせて、3種類あるウィズを選んで差込みます。
穂木カット
↑実を取る穂木のカット

穂木も接木カッターで同じように切り、穂端を使います。
 接木カッター切るとちょうど30度の角度になり、穂木と台木の切り口の角度がぴったり合わさります。



ちょっと図解・・・・・・・・・・・
左図の様にそれぞれカットした台木・穂木をウィズを用いてくっ付けます。 差込む時は、少しギュッと押し込む感じで切り口がしっかり密着する様にします。
穂木差込
穂木を台木に差込む
穂木、台木とも同じ角度なので、差込むと切り口がピッタリ合います。


種まき中
3種類のウィズ
写真の接木資材は『ウィズ』という物ですが、最近は同じメーカーの『絆』という接木資材を使っています。

接木資材のメーカー:ナスニックス

 Copyright C 2006 けいら農園 co.,ltd. All rights reserved. 
 お問い合わせ y-keira@nexyzbb.ne.jp
 〒048-2404 北海道余市郡仁木町砥の川97番地 
 TEL/FAX   0135-31-3515
 けいら農園   代表 計良 友一